pictures

外来処置

  当院で提供する診断・治療目的の処置は,リスク便益プロファイルの良好なものを選定しています。すべて充分なカウンセリングと慎重なプランニングの後外来で行います。どの処置でも,妥当な期間内で,該当する場合には整容面を重視しながら,満足のいく結果を得ることに努めています。

メスを使った手術 悪性の疑いのあるホクロや,悪性黒色腫以外の皮膚癌が疑われる皮膚腫瘍の完全除去と最善の病理検査(切除生検)に最も勧められる方法です。
炭酸ガスレーザー手術 特に脂漏性疣贅のような表在性の皮膚小腫瘍の除去に用いられる高度な方法で,醜状痕の危険性を少なくします。悪性腫瘍の除外にレーザー処置に先立って,または,処置中にパンチ生検や薄片生検が併用できます。炭酸ガスレーザーリサーフェシングは日光性角化症のような前癌状態の治療となり,皮膚の色素異常や表面の不整を改善します。
ケミカルピール 難治性痤瘡や乾皮症(病的な乾燥肌)を完治させることがあります。皮膚癌のリスクが高い,光老化の進んだ皮膚に対する外用療法の補助としても行われます。
Nd:YAGレーザー硬化療法Nd:YAGレーザーと硬化療法 酒皶に伴う毛細血管拡張症や静脈瘤の治療に用いられます。

アレクサンドライトレーザー 光老化により多数の日光斑(シミ)やその他の色素沈着を生じた皮膚を改善するために使う色素選択性レーザーです。
*Nd:YAGレーザーとアレクサンドライトレーザーによる脱毛は永久減毛として極めて効果的ですが,当院では埋没毛に起因する須毛部仮性毛包炎のような疾患の治療に限定して医師の手で行われます。
用手脂肪吸引 脂肪腫を最小限の切開部分より除去する比較的低侵襲の方法です。吸引した組織の細胞診により確定診断が可能です。
微小切開圧出法 粉瘤(アテローマ)の処置方法で,院内で適切に行うことにより外科的除去が必要なくなります。
サブシジョン 顔の重度の陥没性痤瘡瘢痕や水疱瘡跡など,皮膚の陥凹を平坦化するテクニックです。注射針を用いて皮膚表面の深部組織への癒着を取り除きます。
ボトックスフィラー(主にヒアルロン酸)老化徴候を軽減させる注射療法です。早期老化は慢性疾患の患者が増え続ける高齢化社会が直面している医学的問題です。
病変内注射法 イボやケロイド等の治療として,罹患している皮膚の部分(病変)に有効な薬剤を注射することにより薬効を著しく増加させます。