東京スキンクリニック

私達二人のこと

 出会ったのは,デュ・クロー医師がアムステルダム大学医学部1年生,岡部医師が社会言語学研究者としてオランダ政府に勤務を開始するすぐ前のこと。運命の出会いの6ヵ月後結婚。それ以来すべて一緒にしてきた。
 そんなわけで,一緒に医者になることにした。岡部医師は医学の勉強のためアムステルダム大学に再入学。医学部卒業後は,二人でAMC大学医療センター(大学付属病院)でインターンをした。
 課外研修で日本にいたとき,私達の恩師で,日本医科大学の前学長でもある早川先生に,日本の医師免許を取得する最初のオランダ人医師になることを勧められた。インターン修了後日本に戻り,日本医科大学付属病院で形成外科のキャリアを歩み始めて間もなく,美容外科を専門にするため十仁病院に移った。
 1992年月,日本ではそのジャンルで初めての美容皮膚科・皮膚外科の専門クリニックを開設。1994年に「スキントラブル」と題する日本語の本を出版。この本では,皮膚小腫瘍から赤ら顔に至るまで,悩みの種だけれども,(保険でカバーされる)一般皮膚科で充分な解決策を提供できない皮膚の問題を扱っている。 最初の10年,この新しい専門分野の基礎を築き上げることに全力投入。炭酸ガスレーザー皮膚手術,グリコール酸ピール,硬化療法,フィラー・自家脂肪注入では先駆的な仕事を成し遂げた。ボトックス注射によるシワ取りも私達が1990年日本に初めて導入している。1996年に六本木に移転後は,非日本人が大部分を占める患者のニーズに応え,一般皮膚科とプライマリケアにサービスを拡張した。こうした焦点の移行は,オランダで一般医として養成された私達には自然なものであった。性感染症検診にも積極的に関わってきた。日本有数の臨床検査センターSRLとの協力関係により,先端的な検査技術の恩恵が受けられる。
 2003年,二人のユニークな医師としての経歴を最大限に活用する全く新しいプロジェクト「在蘭日本人健康診断」をスタートした。毎年3回,毎回5日間に渡って開催される。私達は期間中オランダに滞在し,アムステルダム近郊の公立病院で定期健康診断を実施する。主な対象は大手在蘭日本企業に勤務する日本人駐在員である。オランダの医療制度には類似のサービスは存在しない。高品質のケアを提供するため二人で追加研修を受け,産業医,健康スポーツ医としての認定されている。